こども達の元気と、皆さまの健康づくりに。おいしさいっぱい島原牛乳。

島原牛乳ができるまで

  • HOME »
  • 島原牛乳ができるまで

牛乳ができるまで

しまらくでは、品質管理を第一に牛乳の製造を行っています。HACCP承認された施設で行き届いた衛生管理のもと、酪農生産者より搬入された新鮮な生乳は、各セクションで厳しいチェックを経て、島原牛乳へと生まれ変わります。

搾乳

健康な牛たちから搾られた生乳は、各酪農家のタンク(バルククーラー)で冷却貯乳されます。

集乳

タンクローリー車で各酪農家を廻り、生乳の温度、乳質などを調べて集乳し、直接工場へと運ばれてきます。

検査・受入

集乳した生乳の、色、風味、温度、比重、抗生物質、アルコールテストなどさまざまな検査をし、合格したものだけを受け入れます。

冷却・貯乳

ろ過機に通して不純物を取り除き、5℃以下に冷やして、一時的にタンク(バッファタンク)に冷却貯乳します。

清浄化清浄化

クラリファイアー(遠心式清浄機)という機械にかけて、目に見えないような小さなチリ・ゴミなどまで取り除きます。

冷却・貯乳冷却・貯乳

一時的にタンク(ストレージタンク)に冷却貯乳します。

均質化

脂肪分が浮くのを防ぐため、ホモジナイザー(均質機)という機械で脂肪球を細かく均質化します。

殺菌殺菌

130℃で2秒間加熱し、殺菌します。(低温殺菌牛乳は65℃30分間殺菌)

冷却・貯乳冷却・貯乳

5℃以下に冷やして、タンク(サージタンク)に冷却貯乳します。

充填充填

自動的に成型されたパックに牛乳を入れて、密封して賞味期限を印字します。(ビン入り牛乳は、自動洗瓶機で洗浄、殺菌し、牛乳を入れてフタとフィルムで密封します。)

箱詰め箱詰

ウエイトチェッカー・金属探知機を通ってきた牛乳を、ケーサ室でプラスチックコンテナに自動で箱詰めします。

製品検査製品検査

出来上がった牛乳の最終的な品質確認のため、さまざまな検査をします。

出荷

いくつもの厳しい検査に合格した牛乳が、年間を通じて5℃に設定された冷蔵庫で十分に冷やされ、お店やご家庭、学校などへ運ばれていきます。

 

 

HACCPとは?

総合衛生管理製造過程(厚生労働省承認)

 従来は「食品の安全性」とは、製造する環境を清潔にし、きれいにすれば安全な食品が製造できるであろうとの考えのもと、製造環境の整備や衛生の確保に重点が置かれてきました。
そして、製造された食品の安全性の確認は、主に最終製品の抜取り検査(微生物の培養検査等)により行われてきました。これに対してHACCP方式は、これらの考え方ややり方に加え、原料の入荷から製造・出荷までのすべての工程において、あらかじめ危害を予測し、その危害を防止するための重要管理点を特定して、そのポイントを継続的に監視・記録し、異常が認められたらすぐに対策を取り解決するので、不良製品の出荷を未然に防ぐことができるシステムです。HACCPは1960年代に米国で宇宙食の安全性を確保するために開発された食品の衛生管理の方式です。この方式は国連の国連食糧農業機関(FAO)と世界保健機構(WHO)の合同機関である食品規格委員会から発表され、各国にその採用を推奨している国際的に認められたものです。

PAGETOP
Copyright © 島原地方酪農業協同組合 All Rights Reserved.